ホーム > 未分類 > 平成30年度ケアマネ研修(介護支援専門員研修)について

平成30年度ケアマネ研修(介護支援専門員研修)について

介護支援専門員研修の各課程の新たな情報(開催要項等)がホームページ上に掲載された時にメールでお知らせする情報配信サービスを開始いたしました。ご希望される方は、下記よりご登録をお願いいたします。

介護支援専門員研修 情報配信サービス

平成30年度実施予定の研修一覧を掲載しております。

申込を開始した研修については、各研修名にリンクを張っておりますので、リンク先の詳細ページより様式をダウンロードしてください。

申込の際に必要となる、介護支援専門員研修修了証を紛失し、再交付を希望される方については下記リンクより必要書類をダウンロードしてください。

◆介護支援専門員研修修了証明書の再交付手続きについて

 

主任介護支援専門員更新研修  ← 募集は終了致しました。要綱・様式はこちらから。

  期  間: 平成30年5月9日(水)~6月22日(金)までの8日間
  対  象:  現在有効な介護支援専門員証の交付を受けており、下記の受講要件のいずれかに該当する方のうち、主任介護支援専門員研修修了証明書の有効期間がおおむね2年以内に満了する方 (平成28年度からの受講要件が変更されていますのでご注意ください。)
  受講要件: 平成30年度群馬県主任介護支援専門員更新研修 受講要件(PDF:168KB)
  注  意:  受講要件の内、受講要件②「法定外の研修等」とは、研修主催組織がイ~ヘに該当し、かつ、研修内容がイ(相談援助、スーパービジョン、コーチング等の指導スキルを身につけるもの)かロ(例えば、認知症等の病態等の理解を深めるだけでなく、如何にしてそうした人達を支えて行く仕組みを地域で作って行くかといった地域包括ケアシステムの推進に資する内容)のどちらかを満たす必要があります。

 

  主任介護支援専門員更新フローチャート(PFD:127KB) (平成29年6月)

 

主任介護支援専門員研修   ← 募集は終了しました。要綱・様式はこちらから。

   期間: 平成30年6月6日(水)~7月25日(水)までの12日間
   対象:  居宅サービス計画等を提出し、研修実施機関において、利用者の自立支援に資するケアマネジメントが実践できていると認められた方のうち、以下の1から4のいずれかに該当し、かつ、専門研修課程ⅠとⅡを修了している方

 

   1 専任の介護支援専門員の従事期間が5年以上の方 
   2 ケアマネジメントリーダー研修修了者又は日本ケアマネジメント学会認定ケアマネージャーで、専任の介護支援専門員従事期間が3年以上の方 
   3 主任介護支援専門員に準ずる者として、現に地域包括支援センターに配置されている方
   4 その他、介護支援専門員の業務に関し十分な知識と経験を有し、県が適当と認める方

 

 

介護支援専門員専門研修(専門研修課程Ⅰ) ← 平成30年度の募集は終了しました。

   期間:  平成30年7月13日~9月18日の内7日間
   対象:

 現任の介護支援専門員証の有効期限満了日5年間において、研修初日前日時点で通算6か月以上の介護支援専門員としての実務経験がある方

(ただし、有効期間満了日が平成32年3月までの方は、実務経験が6か月未満でも受講することができます。)

 

介護支援専門員専門研修(専門研修課程Ⅱ) ← 要綱・様式はこちらから

   期間:  平成30年10月5日~12月12日の内5日間
   対象:

 現任の介護支援専門員証の有効期限満了日5年間において、研修初日前日時点で通算3年以上の介護支援専門員としての実務経験がある方

(ただし、有効期間満了日が平成32年3月までの方は、実務経験が3年未満でも受講することができます。)

 

介護支援専門員更新研修(実務経験者) 

対象:介護支援専門員証の有効期限満了日が平成32年3月31日までの方

  現在有効な介護支援専門員証の交付を受けており、介護支援専門員証の有効期限満了日から前5年間 に介護支援専門員としての実務経験がある方。1回目の更新には、専門研修課程Ⅰ相当と専門研修課程Ⅱ相当の両方を修了する必要があります。2回目以降の更新は、専門研修課程Ⅱ相当の修了が必要です。

 

介護支援専門員実務研修 

 対象: 介護支援専門員実務研修受講試験の合格者に対して行われる研修です。この研修を全日程修了しなければ、介護支援専門員としての業務に就くことはできません。
実習について

 介護支援専門員実務研修では、前期研修と後期研修の間にで実習があります。実習は、①模擬居宅サービス計画作成実習と②県内の居宅介護支援事業所において、実習指導者のもと3日間、見学実習の2種類があります。②については、一連のケアマネジメントプロセスを実践的に学ぶことを目的に平成28年度より実施しています。

 

 

介護支援専門員再研修

 対象:  介護支援専門員の登録後に介護支援専門員証の交付を受けず5年以上経過している方、または、介護支援専門員の有効期限満了日を過ぎている方で、新たに介護支援専門員証の交付を希望する者  

 

介護支援専門員更新研修(未経験者更新研修) 

 対象:  現在有効な介護支援専門員証の交付を受けており、介護支援専門員証の有効期限満了日から前5年間に介護支援専門員としての実務経験を有しない方で、介護支援専門員証の更新を希望する者(介護支援専門員証の有効期限満了日前の人) 

 

介護支援専門員法定研修に係るファシリテータースキルアップ研修←要綱・様式はこちらから

趣旨: 介護支援専門員法定研修のファシリテーター希望者等を対象に、ファシリテーション技術の向上とケアプラン指導のポイントを学び、ファシリテーターとしての資質向上と養成を図ります。
対象:

現在、介護支援専門員業務に従事している主任介護支援専門員で、次の①または②に該当する方
①新たに介護支援専門員法定研修のファシリテーターとして従事することを希望する方
②既に介護支援専門員法定研修のファシリテーターとして従事したことのある方

※昨年度(平成29年度、この研修に申込された方は、今回は受講することができません)

 

 

〇平成29年度に実施したケアマネ研修(介護支援専門員研修)はこちら 

 

介護支援専門員研修に関連する質問事項等は下記へご連絡願います。

群馬県社会福祉協議会 福祉人材課

電話番号:027-255-6035