ホーム > 地域福祉活動の取り組み > 住民参加型在宅福祉サービス

住民参加型在宅福祉サービス

住民参加型在宅福祉サービスとは

ボランティア活動は「無料」であることが一般的でしたが、昭和62年代より新しい市民活動として、非営利で有料・有償の福祉サービスを行う「住民参加型在宅福祉サービス」が都市部を中心に広がってきました。

【住民参加型在宅福祉サービスの特徴】

会員制

サービスの利用者、提供者ともに団体の会員です。利用者も時には提供者となるなど、助け合いの精神を具体化したものです。

有償制

サービスは非営利・有償で提供される仕組みです。無償のサービス提供では利用者側が遠慮や気詰まりを抱きがちなことから、金銭を介在させることでそれを取り除くことを狙いとしています。

【経緯】

住民参加型在宅福祉サービスは、近所の人同士で気兼ねなく助け合う活動から始まりました。
しかし、最近では介護保険法の施行に伴い、公的サービスからもれてしまったり、公的サービスだけでは足りないという高齢者へのサービス提供者としても注目を浴びています。
ただ、有料とはいえ営利目的の活動ではないので、サービス提供者に対する報酬は、パート・アルバイトとはちがい非常に低額です。サービス提供者にボランティア精神がないと続けていかれないというのも事実です。