社会福祉法人 群馬県社会福祉協議会

子どもの居場所

子どもたちに食事の提供や学習支援、団らんの場を提供し、地域の中での居場所として、生活面から学習面まで多面的に支援する「子どもの居場所」が大きな広がりをみせています。

「子どもの居場所」は、地域の中で子どもたちの成長を支援する場所として、貧困だけでなく、共働き家庭やひとり親家庭等、子どもを取り巻く様々な問題の負の連鎖を防ぐセーフティネットともいえます。

また、子どもたちに将来の夢や希望をもってもらうことにつながることが期待されています。

こども食堂

こども食堂には様々な形がありますが、単に食事を提供するだけでなく、子ども同士や地域の大人と交流ができたりする「安心・安全な居場所」を目指しているところです。

こども食堂に関するQ&A

こども食堂ネットワークぐんま