ホーム > 緊急情報 > 平成30年北海道胆振東部地震による災害に関する情報について(9/10更新)

平成30年北海道胆振東部地震による災害に関する情報について(9/10更新)

 
9月6日(木)未明に北海道で発生した地震は、胆振地方中東部で最大震度7を観測しました。人的被害、建物被害が多く生じています。建物被害についての詳細な状況は、まだ把握されていません。また、道内76か所の避難場所に、2,716人が避難をしています。(9月10日10時現在・北海道発表)

厚真町(7日)、安平町(8日)、むかわ町(8日)では、災害ボランティアセンターを開設しました。
なお、現在被災地では一部で停電、断水等が続いています。また、被災地までの道路も損傷などしているため、これらの課題が解決せずに多くの支援を受け入れることができません。
現地では、住民はもとより、支援に来られる方々の安全を第一に考え、現在、ボランティアの受け入れ体制を整えています。
現地状況や支援状況等の詳細については、下記により各地で発信する最新の情報をご確認ください。

 

【全国社会福祉協議会】
https://www.saigaivc.com/

【総務省消防庁 災害情報】
http://www.fdma.go.jp/bn/2018/

【北海道災害ボランティアセンター】
http://hokkaido-saigai-vc.jp/