ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > (社福)永光会 永光荘デイサービスセンター 第三者評価結果

(社福)永光会 永光荘デイサービスセンター 第三者評価結果

1.第三者評価機関名

第三者評価センター はあとらんど

2.訪問調査実施日

平成28年11月30日~12月1日

3.事業者(受審施設)情報

種別 高齢者デイサービス
名称 社会福祉法人永光会 永光荘デイサービスセンター
代表者 理事長 眞下誠治
定員 50名
所在地 〒377-0004 群馬県渋川市半田785-5
HP http://www.eikoso.or.jp/html/eikoso.html

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 法人の基本方針として複数施設のメリットを活かす独自の取り組みを実施している。
    デイサービスとショートステイは法人組織の中で「居宅ケア部」と位置付けられており、職員は二つの事業所を兼務している。そのため、利用者はデイサービスを使いながらショートステイで宿泊しても同じ職員のケアが受けられ、安心で顔なじみの関係が築かれる。
  • 利用者と家族の意向を尊重し、利用者本位のサービスを提供する努力をしている。
    365日毎日休まず運営している。利用者と家族にとっては使い勝手が良い。また、理学療法士が定期的(週1回)に訪問しており、リハビリ指導を行っている。これを目的に利用している利用者もいる。理学療法士は職員に対しても、指導と助言を行っているので、日頃のケアに活かされている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • サービス内容を検討する体制があり、サービスの質を向上させる取り組みが検討されている。
    7つの委員会(感染症委員会、車輌委員会、入浴委員会、食支援委員会、行事委員会、防災管理委員会、感染症委員会)を設けて、職員はそれぞれの委員会に所属し、日々の支援で気付いた内容を課題に上げ、改善に向けて検討している。
  • 施設運営が適切に行われる体制作りの取り組みについて。
    マニュアルの見直しや作成に関して、多職種協働(介護職・看護職・栄養士等)で意見を出し合い、取り組もうとしている。

5.事業者(受審施設)のコメント

今回、初めて福祉サービス第三者評価を受け、様々な角度からのご指導をいただき、日常の業務内容や取組についての振り返り及び新たな気づきを得ることができた。評価の結果を踏まえて、サービス内容及び職員資質の更なる向上と利用者本位のサービス提供に努めていきたい。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(331KB)