ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > 障害者支援施設 清泉園

障害者支援施設 清泉園

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成31年3月12日~13日

3.事業者(受審施設)情報

種別 障害者支援施設
名称 清泉園
代表者 理事長 町田久
定員 75名
所在地 渋川市渋川3668-4
HP http://san-aisou.net/

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 中長期計画が事業計画、設備変更計画、組織整備計画に分けて検討され、長期計画の見直しにつなげている。
  • サービスの質の向上のためにケース会議、給食会議、摂食嚥下勉強会、発達障害勉強会、医療会議、危機管理委員会を定期的に行い、内容によっては外部講師を招いての研修も行われている。
  • 直接、支援員・事務職員から虐待防止に関する標語を募り唱和をおこなうことにより意識を高めている。
  • 利用者の要望に応じて可能な限り個室対応も行っており、鍵の管理も利用者が行うことができる。
  • 具体的な支援内容については、利用者個々の対応や注意事項が記されたマニュアルがあり、マニュアルの内容は新任研修で周知すると共に、達成度調査シートの記入により評価と指導が行われている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • 「キャリアパスの仕組み」に人事考課制度も含める変更に取り組んでいる。
  • 利用者の権利擁護を含めたボランティア受け入れマニュアルの変更に取り組んでいる。

5.事業者のコメント

清泉園の全職員一人ひとりが、自分の所属する事業所や自分の行うべき業務(支援)を振り返り、新たに必要な、業務マニュアルを作成する等の見直しができた。このようなことは、日常業務に追われ、なかなか出来ることではなく、今回大変貴重な有意義な時間だった。
その後、個人評価を持ち寄り、率直な意見を出し合う時間は、職員間のチームワークを大きく高めることになった。評価基準の具体的内容に沿って、マニュアルの検討、更新をすすめている姿はとても頼もしく、受審の効果を感じた。
今回の受審を通して、事業所として、今後整備していくべき課題等が確認でき共通認識となった。この結果を基に、利用者、職員、社会から信頼される施設を更に目指したい。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(482KB)