ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > 社会福祉法人 淳尚会 あかいし保育園

社会福祉法人 淳尚会 あかいし保育園

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成24年2月13・14日

3.事業者(受審施設)情報

種別 保育園
名称 社会福祉法人 淳尚会 あかいし保育園
代表者 園長 松本 亨江
定員 150名
所在地 伊勢崎市曲輪町24-11 TEL 0270-25-1874
HP

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 保護者との連携
    ・玄関にオピニオンBOXを設置し、夏の集いの時間変更や、駐車場の整備、お泊まり保育の内容など、保護者からの意見や要望に応えている。
    ・各クラスの毎日の保育の様子が事務室前に掲示され、保護者に周知されている。
  • 食育
    ・食育や子どもの食物アレルギーへの対応には、保育士のみでなく、栄養士も関与し積極的な連携を図っている。
  • 地域との交流
    ・年間を通して地域の行事に参加し、地域の人との交流を深めている。3~5歳児は園外保育で、毎月図書館を利用している。また、市児童センターでのプラネタリウムや人形劇鑑賞、お泊まり保育などを行い、社会性を育てるため、地域の施設を活用している。
  • 表現力の育成
    ・豊かな感性や表現力を育むため、講師を招き、体操指導や、歌唱指導等を定期的に受けている。また、保育内容に、リズム遊びを取り入れたり、新年には書き初め(4,5歳)をしたりして、表現力を養う工夫をしている。
  • 地域の子育て支援
    ・園独自の事業として「らっこクラブ」を月二回開催し、園庭開放等、未就園児や妊婦対象の支援を行っている。また、「らっこクラブ」は、市からの委託によるファミリーサポートセンターとも連携を図っている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

現状では、指導計画に関し、主任保育士等から助言は行っている。さらに、その内容の記載の書式を検討中である。

5.事業者のコメント

あかいし保育園では22年度、元第一保育所より民営化を行い第三者評価を受ける事が義務づけられており、今回の受審となりました。新体制になり、職員の保育経験やそれぞれの施設での経験の違いがあり大変苦労しました。その中で現在行っている保育を中心に第三者評価の事前説明を聞き、その意義等を理解して全職員の共通認識を持つことが出来ました。評価項目ごとに様々な経験年数の職員をグループ分けし、マニュアルを作成。全体会議で発表・検討・見直しを繰り返し、園独自のマニュアルが出来上がり自己評価につながりました。それぞれの担当でのマニュアル作りや発表を通して日頃の保育の見直しと職員一人一人の資質向上につながったと考えております。園全体で一つの事に取り組んだという意識ができ達成感を味わう事ができました。今後は、保育園として、自園はどうあるべきかよく考え、保育指針をふまえながら一人一人の子どもを大切に特徴ある、地域に根差した温かみある施設として保育の充実につなげていきたいと考えております。職員一同、大変良い評価を頂き、今後とも保育活動に努めていきたいと考えております。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(96.1KB)