ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 福祉バス > 福祉バス利用について(お願い)

福祉バス利用について(お願い)

1.福祉バス運行要領をご確認ください。    

  *乗務員(運転士)1名、バス1台体制で代わりがないため、申し込み後、当日や運行途中に運行不能になることもあります。

   *日程計画は、バス運行ができない場合の代替案等をご考慮の上、作成してください。

  *担当者は、緊急連絡先(携帯電話)を必ずご記入ください。    

2.福祉バス利用申請書は早めに送付してください。
  申請が遅い場合、運行できないこともありますので、利用日の10日前までに厳守でお願いします。

3.使用料等(必要に応じて負担していただきます)

  ①高速道路代 ②燃料費(帰着場所の最寄りの給油所で給油)③駐車場代

   *現金、ETCカード、給油カードをご用意ください。

4.本会及び運転士に対して、昼食、金品のお礼等は堅くお断りいたします。

5.乗務員の宿泊については、ホテル・旅館・民宿以外や相部屋の場合、別宿・別室を取らせていただきます。

6.福祉バスのトランクには、車いすを約10台、入れられるスペースがあります。【電動不可】
  装備として、クーラーボックス、カラオケ、テレビ、DVDがあります。

 

その他

  • 車内は禁煙です。
  • ご乗車の際は、シートベルトの着用をお願いいたします。
  • 積雪の多い方面はご遠慮ください。路上での乗り降りはできません。
  • 運行中は運転士の指示に従ってください。次に使う人が、気持ちよく利用出来るよう利用終了後は、車内の清掃と忘れ物の点検をしてください。
  • 福祉バスは、公益財団法人上毛新聞厚生福祉事業団が、県民から寄せられた善意の浄財『愛の募金』で購入し、県内の福祉関係者並びに障がい者・高齢者の社会参加の促進及び福祉の推進に資するために、県へ寄贈したものを、本会が県から委託を受けて運行管理しております。