ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > はちす保育園

はちす保育園

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成20年5月13日~14日

3.事業者(受審施設)情報

種別 保育園
名称 はちす保育園
代表者 園長 大木 清子
定員 150名
所在地 群馬県伊勢崎市上諏訪町2032-7  TEL0270-25-7303
HP http://www.ans.co.jp/n/hachisu/1.html

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 子どもたちの主体性、自発性を意識した表現活動
    表現活動(特に絵画)を通し、子どもたちが自発的に、自分の意思を表現できるようにするため、どのような場面設定やはたらきかけをするかということについて、職員が度々共通認識の場をもっている。
  • 子ども一人ひとりの気持ちを受容する保育
    「子どもの立場になって考える」ということが、職員会議の中で強調されている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • 保育指針の理解
    改訂された保育指針を理解するために、職員全体による保育指針の読み合わせや研修会に参加するなど、園全体で、その強化を推進している。
  • 食育に関する取り組み
    6月を食育月間と定め、「年齢ごとの目標」、「クラス単位の目標」、「園としての食育」を検討して、保育計画に取り入れている。

5.事業者(受審施設)のコメント

この第三者評価を受けたことで、今までの保育をいろいろな場面から見直す良い機会になりました。また、各項目のなかで実際は行われている事実があり、現場の保育を見ていただければご理解いただけることと思います。評価においては、明文化されているかどうかによっていることについては、疑問を感じえません。また、福祉施設全般が同じ項目であることについて、保育園として評価するのに苦心した項目がありました。保育においては、文章だけでは表せない部分も多々あります。しかしながら、保護者や地域の人々への理解を深めるためには、やはり文章化することが必要であることは理解できます。
今後は、十分検討を重ねながら、現在行っている保育を文章化できるように努め、策定していきたいと思います。ただ、策定したでけではなく、必ず定期的に検討していくことも必要と思われますので、日々研鑽を怠らないよう心がけたいと思います。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(99KB)