ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > かんなの里

かんなの里

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成19年7月25日~26日

3.事業者(受審施設)情報

種別 知的障害者更生施設
名称 かんなの里
代表者 施設長 島野信美
定員 50名
所在地 群馬県藤岡市下栗須887-1   ℡0274-24-5885
HP http://www15.ocn.ne.jp/~kannakai/

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 社会参加
    近隣の商店街や社会資源を活用した取り組みが、日常的に実践され、利用者の社会参加が積極的に進められている。
  • 福祉啓蒙活動
    前進的な考えや活動を実践している福祉関係者を招き、「地域支援セミナー」を開催し、地域の福祉的啓蒙活動を毎年、実施してきている。
  • 自閉症支援
    自閉症のそれぞれの特性を考慮した支援が、生活場面や作業場面で工夫され、安定した生活が過ごせる取り組みが実践されている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • 快適な生活環境
    自閉症や行動特性のある利用者に対し、個々に対応するプログラムを作成して、職員間の共通認識の下に、生活に支障をきたす行動を軽減することにより、安定した生活や快適な生活環境が維持できるよう取り組んできている。

5.事業者(受審施設)のコメント

平成11年4月にスタートし9年目,日々重度化し余裕のない日を重ねることへの反省と、変わりゆく新法に備え、新事業体形の準備をしなければならない現状の中、まずはソフト面の充実をという全職員の思いのもと、第三者評価を受審することになりました。単独での評価のあとのグループ評価では、「十分」ということがどこまでが十分なのか等職員により考えが違い、意見交換が活発に行われました。明文化されていないもの、システムの不十分なものなど指摘されたものは今後徐々に整えて行き、いつの日かまた第三者評価を受けたいと思います。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(100KB)