ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > 毛里田保育園

毛里田保育園

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成17年10月20日~21日

3.事業者(受審施設)情報

種別 保育所
名称 毛里田保育園
代表者 園長 長谷川昭雄
定員 90名
所在地 群馬県太田市矢田堀町388-3  TEL0276-37-1138
HP http://www.moritahoikuen.com/index.html

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 人材育成の体制の整備
    個々の職員の特性、能力等を的確に把握し、研修体制の構築や目標自己管理による個々の力量のアップを図りながら、職員の資質向上を行っている。
  • 食育の取組み
    食事のあり方や大切さについて、職員、保護者の共通認識を図り、様々な取組みを体系的に実施している。
  • 子どもの安全確保
    定期的な園内点検やハザードチェック等の実施、ヒヤリハッと報告書の検討体制、警備システムの導入等、子どもの安全確保のための体制が整備されている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • 従来未満児だけであった個人計画を以上児に対しても立案されるようになり、4歳児 でも排泄への配慮が必要な子供への計画もたてられ、一人一人をきめ細かく見ていこう とする姿勢が見られた。
    月案の個別記入欄には責任者による「子ども一人一人の個別指導・長期指導に留意し て下さい」の文言が入り、また、指導計画の作成変更に関しても職員会議録の中に「管 理者による指導助言」の欄が設けられ、それが職員会議においても十分に討論され、保 育に活かされている。
  • 職員会議で話し合われたことの内容が、、会議欠席者に対しても伝わるよう会議録の 閲覧及び確認記入欄が設けられた。また、研修報告やその際のレジメ等も綴じられ、職 員全員による情報の共有化及び共通確認が図られるようになった。
  • 職員会議録、相談事業等に関する記録が充実してきた。
  • 現在アレルギー児はいないが、以前いた時には自然食品や添加物の入っていない調味 料等を購入し、対応していた。今後アレルギー児が入園してきた際には、、卵・牛乳・ 大豆等の代替食の為のレピシ集(本)を準備し、いつでも対応できるようにした。

5.事業者(受審施設)のコメント

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(100KB)