ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > 社会福祉法人幸会 エンゼル保育園

社会福祉法人幸会 エンゼル保育園

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成30年2月7日・8日

3.事業者(受審施設)情報

種別 保育所
名称 社会福祉法人幸会 エンゼル保育園
代表者 園長 市川 裕司
定員 110名
所在地 〒370-0515 群馬県邑楽郡大泉町下小泉410番地
HP http://enzeru.hp.gogo.jp/pc/

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 保育内容では、小学校での学習準備や多くの体験から自分のしたいことが見つけられるよう外部講師による指導を取り入れたりと工夫がされている。

  • 保育の基本統一を図るため職員一人一人にハンドブックが配布され、毎年内容の検討見直しが行われている。
  • 看護師が常勤で勤務し、病児保育のほか、職員に衛生教育や職員のメンタルなどにも対応している。
  • 園児や職員が安心して保育活動を行えるよう、定数以上の職員が配置されている。
  • 保育園の給食では、園児が食事に関心、興味を持つように園自家製のパンや、園の畑、田んぼで収穫された食材が提供されている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • 中長期事業計画の作成に取り組んでいる。

5.事業者のコメント

 第三者評価受審に向けて、様々な資料の見直し・検討・確認・会議など小人数グループに分かれ実施しました。園職員全員が資料やマニュアルを熟読する時間・討議の時間を設け共通認識を図りました。そして事前確認に取り組むことにより職員間のコミュニケーションがより良く構築されました。
 日常業務の意味をひとつひとつ考え、深く理解し、根拠を知り明文化することの大切さを痛感しました。それは、全職員の資質向上につながりました。今回の評価結果を真摯に受けとめ、不足していた部分に取り組み改善へ、良い評価の部分も引き続き伸ばしていきます。
 そして新保育所保育指針施行に伴い、福祉の充実・保育の向上に努めたいと思います。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(437KB)