社会福祉法人 群馬県社会福祉協議会

新型コロナウイルス感染症の影響による緊急小口資金等の特例貸付について

新型コロナウイルス感染症の発生による休業や失業等により、一時的又は継続的に収入が減少した世帯を対象に、緊急小口資金等の特例貸付を3月25日(水)から申込受付を開始することとしました。

○受付開始日
 3月25日(水)

○事前にご確認していただきたいこと
 緊急小口資金の借り入れを希望される方へ
 総合支援資金の借り入れを希望される方へ

 パンフレットPDF

○郵送による借り入れの申込について
   緊急小口資金特例貸付・総合支援資金特例貸付については郵送による借り入れの申込ができるようになりました。ご希望の方は、下にある書類をダウンロードし、必要事項を記入の上、お住まいの市町村にあります社会福祉協議会へ郵送してください。
   送付先の住所及び連絡先については下記「受付相談先」をご覧ください。

郵送による申込のご案内

 緊急小口資金借り入れ申込書類
  ①借入申込書
  ②借用書
  ③重要事項説明書
  ④収入減少の申立書
  ⑤郵送前のチェックリスト

  ※申込の際には①~⑤の他に下記書類を同封し郵送してください。
   また、郵送前に必ず⑤「郵送前のチェックリスト」を用いて確認をしてください。

   ・本人確認書類の写し(個人番号(マイナンバー)が入っていないもの
   ・住民票の原本(世帯全員の記載があり、個人番号(マイナンバー)が入っていないもの
      ・通帳又はキャッシュカードの写し(通帳を一枚めくった、口座名義・口座番号・支店名等が
    記載されているページが最も望ましいものになります。)

  申込書類の記入例
   ⑥借入申込書 記入例
   ⑦借用書 記入例
   ⑧重要事項説明書 記入例
   ⑨収入減少の申立書 記入例

 総合支援資金借り入れ申込書類

  ※申請前に「総合支援資金の借入申込申請をした方へ」をご確認ください

  ①借入申込書
  ②借用書
  ③重要事項説明書
  ④収入減少の申立書
  ⑤郵送前のチェックリスト

  ※申込の際には①~⑤の他に下記書類を同封し郵送してください。
   また、郵送前に必ず⑤「郵送前のチェックリスト」を用いて確認をしてください。

   ・本人確認書類の写し(個人番号(マイナンバー)が入っていないもの
   ・住民票の原本(世帯全員の記載があり、個人番号(マイナンバー)が入っていないもの
      ・通帳又はキャッシュカードの写し(通帳を一枚めくった、口座名義・口座番号・支店名等が
    記載されているページが最も望ましいものになります。)

  申込書類の記入例
   ⑥借入申込書記入例
   ⑦借用書記入例
   ⑧重要事項説明書記入例
   ⑨収入減少の申立書記入例

○総合支援資金特例貸付の延長申請について
 総合支援資金特例貸付を利用し、なおも生活困窮が続く方は、自立相談支援機関でのご相談や継続的な支援を受けることにより、貸付期間を延長してご利用できる場合があります。

 ※対象者(次のいずれにも該当する方)

当初決定された貸付期間(原則3ヶ月)の3ヶ月目において、引き続き、新型コロナウィルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯であること。
生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援機関による支援を受けていること。
総合支援資金の特例貸付の初回貸付を受けており、9月までに3ヶ月目である貸付期間が到来すること。

  総合支援資金延長申請申込書類

  ①借入申込書
  ②借用書

○受付相談先
   お住まいの市町村社会福祉協議会が窓口となります。

 市町村社会福祉協議会 窓口一覧

○金融機関での取扱について
①4月30日(木)より中央労働金庫にて郵送による緊急小口資金の申込取り次ぎが開始しました。
   下記連絡先へご連絡し、電話により申込書をご請求ください。

 [申込書類のご請求(郵送)]

 労働金庫連合会:0120-22-5755(9:00~17:00/平日のみ)

②5月28日(木)より郵便局にて窓口による緊急小口資金の受付が開始しました。
   取り扱い郵便局については『緊急小口資金特例貸付 受付業務取扱郵便局一覧』をご覧ください。
 ※申込の受付にあたり、ご予約をお願いする場合がございます。
     事前に取り扱い郵便局へ電話でのご確認をお願いします。

 [緊急小口資金特例貸付 受付業務取扱郵便局一覧]