社会福祉法人 群馬県社会福祉協議会

新型コロナウイルス感染症の影響による緊急小口資金等の特例貸付について(貸付金の交付までの期間についてのご案内とお願い)

新型コロナウイルス感染症の発生による休業や失業等により、一時的又は継続的に収入が減少した世帯を対象に、緊急小口資金等の特例貸付を令和2年3月25日(水)から申込受付を開始することとしました。

○緊急小口資金特例貸付・総合支援資金特例貸付の受付期間が令和3年3月末まで延長となりました。

※総合支援資金特例貸付の延長申請は受付期間が令和3年6月末までとなります。

申請された方へ「貸付金の交付までの期間についてのご案内とお願い」

・現在、申請件数が大幅に増えており、審査や送金などの事務が大変混み合っております。

・一日でも早く皆様に送金できるように事務処理を進めておりますので、個別の審査状況や送金予定日のお問い合わせにつきましては、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

~緊急小口資金(特例貸付)の送金予定日(貸付決定の場合)~
・申請書類は、市町村社協(窓口)にて内容を確認の上、本会にて申請書類を受理してから 7日間(1週間)程で振り込まれます。 

~総合支援資金(特例貸付・延長)予定日(貸付決定の場合)~
総合支援資金特例貸付・総合支援資金特例貸付延長申請 送金日一覧

※緊急小口資金・総合支援資金(延長申請)共に市町村社会福祉協議会にて内容を確認し、本会が申請書を受理するまで数日かかります。
また、申込書類に不備がある場合は、さらに日数がかかる場合があります。

貸付審査の結果、貸付不承認となった場合、理由は開示しておりません。

○総合支援資金特例貸付の再貸付を実施します。

緊急事態宣言の延長等に伴う経済的支援策として、総合支援資金特例貸付の再貸付を全国で実施することが、厚生労働省において決まりました。
申請の受付は令和3年2月19日(金)から令和3年3月末までとなります。

申込様式についてはこのページ内でご案内しておりますのでご確認ください。

厚生労働省ホームページ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16715.html

○措置期間の延長(返済開始時期の延長)について。

引き続き経済が厳しい状況等を踏まえて、令和4年3月末日以前に返済が開始となる債権は、返済開始時期を一律で令和4年4月以降とすることが、厚生労働省において決まりました。

なお、既に据置期間が終了し返済が始まっているものについては今回の措置の対象外となります。

厚生労働省ホームページ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15950.html

○緊急小口資金特例貸付、総合支援資金特例貸付の申請について

 緊急小口資金の借り入れを希望される方へ
 総合支援資金の借り入れを希望される方へ

○郵送による借り入れの申込について
   緊急小口資金特例貸付・総合支援資金特例貸付については郵送による借り入れの申込ができるようになりました。ご希望の方は、下にある書類をダウンロードし、必要事項を記入の上、お住まいの市町村にあります社会福祉協議会へ郵送してください。
   送付先の住所及び連絡先については下記「受付相談先」をご覧ください。

郵送による申込のご案内

 緊急小口資金借り入れ申込書類
  ①借入申込書
  ②借用書
  ③重要事項説明書
  ④収入減少の申立書
  ⑤郵送前のチェックリスト

  ※申込の際には①~⑤の他に下記書類を同封し郵送してください。
   また、郵送前に必ず⑤「郵送前のチェックリスト」を用いて確認をしてください。

   ・本人確認書類の写し(個人番号(マイナンバー)が入っていないもの
   ・住民票の原本(世帯全員の記載があり、個人番号(マイナンバー)が入っていないもの
      ・通帳又はキャッシュカードの写し(通帳を一枚めくった、口座名義・口座番号・支店名等が
    記載されているページが最も望ましいものになります。)

 総合支援資金借り入れ申込書類

  ※申請前に「総合支援資金の借入申込申請をした方へ」をご確認ください

  ①借入申込書
  ②借用書
  ③重要事項説明書
  ④収入減少の申立書
  ⑤郵送前のチェックリスト

  ※申込の際には①~⑤の他に下記書類を同封し郵送してください。
   また、郵送前に必ず⑤「郵送前のチェックリスト」を用いて確認をしてください。

   ・本人確認書類の写し(個人番号(マイナンバー)が入っていないもの
   ・住民票の原本(世帯全員の記載があり、個人番号(マイナンバー)が入っていないもの
      ・通帳又はキャッシュカードの写し(通帳を一枚めくった、口座名義・口座番号・支店名等が
    記載されているページが最も望ましいものになります。)

○総合支援資金特例貸付の延長申請について

 総合支援資金特例貸付を利用し、なおも生活困窮が続く方は、自立相談支援機関でのご相談や継続的な支援を受けることにより、貸付期間を延長してご利用できる場合があります。

 ※対象者(次のいずれにも該当する方)

当初決定された貸付期間(原則3ヶ月)の3ヶ月目において、引き続き、新型コロナウィルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯であること。
生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援機関による支援を受けていること。
令和3年3月末までに総合支援資金特例貸付を申請していること。

  総合支援資金延長申請申込書類

  ①借入申込書
  ②借用書

○総合支援資金特例貸付の再貸付について

 緊急小口資金及び総合支援資金、総合支援資金延長申請の特例貸付を利用が終了した上で、生活にお困りの場合、生活困窮者自立相談支援機関による支援とともに、総合支援資金の再貸付を行います。

 ※対象者(次のいずれにも該当する方)

令和3年3月末までの間に、緊急小口資金及び総合支援資金、総合支援資金延長申請の貸付が終了した世帯。
再貸付の申請前に自立相談支援機関による支援を受けること。

  総合支援資金延長申請申込書類

  ※申請前に「ご案内」をご確認ください

  ①借入申込書
  ②借用書

  ※申請の際には①、②の他に下記書類が必要となります。

    ・既に借りている総合支援資金延長申請の借用書写し
     もしくは入金の確認できるもの(通帳の写し等)
    ・貸付金を振り込む通帳の写し
    ※上記に加え、前回借入申請時から居住地や世帯に変更がある場合は住民票が、通帳がない場合はキャッシュカードの写しが必要となります。

  振込予定日について

  下記送金日一覧表をご覧ください。

  総合支援資金再貸付振込予定日

○受付相談先

   お住まいの市町村社会福祉協議会が窓口となります。

 市町村社会福祉協議会 窓口一覧

○金融機関での取扱について
①4月30日(木)より中央労働金庫にて郵送による緊急小口資金の申込取り次ぎを開始しましたが、令和2年9月30日を以て終了しました。

②5月28日(木)より郵便局にて窓口による緊急小口資金の受付を開始しましたが、令和2年9月30日を以て終了しました。

<群馬県社会福祉協議会>
 福祉資金課 027-255-6031
   8:30~17:15(土・日・祝日・年末年始(12/29~1/3)を除く)