社会福祉法人 群馬県社会福祉協議会

介護人材確保対策事業専門員発情報

 

 

         介護の仕事をはじめませんか!!

内閣府によると2018年の日本の高齢化率は28.1%であり、世界で最も高齢化率の高い国になっています。

高齢化率は今後も上昇し、2065年には2.6人に1人が65歳以上になると推計されています。

介護職はこれから、最も必要とされる職業であり、今後、20年、30年と右肩上がりで安定して仕事があります。

やりがいと感動をもって、20代から60代以上まで幅広い年齢層が活躍できる仕事です。

 

人の輪の中で、一緒におだやかな時間を過ごしていく、人が人を大切にできる仕事です。

    2025年の人口推計(国立社会保障・人口問題研究所)

 2025

 

 福祉分野(介護・障害・児童等)に就職を希望する方に介護人材確保対策専門相談員のご紹介

 専門相談員による就業支援事業は、群馬県から群馬県社会福祉協議会が業務委託を受け実施しています。

 主な業務は次のとおりです。

(1)介護職員等就業の支援

 介護職員等として社会福祉事業に従事しようとする方に対して、就業の相談や援助を行います。

特別養護老人ホーム等を運営する事業者と求職者の間の雇用契約成立に向けた次の業務を行います。

○介護福祉士養成校及び福祉課程のある高校へ出向いて求人情報等を提供し、介護職等のPRを行います。

○特別養護老人ホーム等を訪問して求人情報を収集するとともに、介護職員の確保に関する相談に応じています。

(2)介護職員等のPRサイトの運営

○特別養護老人ホーム等を適宜訪問して情報収集を行い、介護職等のPRを掲載しています。

各種相談は県福祉マンパワーセンターで随時受けつけているほか、高崎市・太田市福祉人材バンクでも月に1回の相談を行っています。

◇◇◇県福祉マンパワーセンター及び福祉人材バンクの求人情報はこちらをご覧下さい◇◇◇

  

イベントのお知らせ                                                      

   当面、イベントの予定はありません。

 

  ~「介護人材確保対策事業専門員発情報」廃止のお知らせ~

 都合により、「介護人材確保対策事業専門員発情報」は令和2年3月31日をもって廃止となります。

 当サイトにアクセスいただいた求職者の皆様や関係者の皆様には誠にありがとうございました。