ホーム > 地域福祉活動の取り組み > ボランティアセンター > ボランティア活動について

ボランティア活動について

ボランティアや市民活動は、誰もが人間らしく豊かに暮らせる社会を目指し、自分達の手で良くしていこうとする活動です。
ボランティア活動を始めるときも、場所も、きっかけも様々です。自分らしさを大切にしながら活動への第一歩を踏み出してみませんか?

ボランティア活動4つのポイント

自発性・自主性

他から強制・強要されるものではなく、個人の自由意思に基づく自主的・主体的な行動、それがボランティア活動の原点です。

無報酬性

金銭的な報酬を期待して行うものではなく、活動を通して得られる「精神的な報酬」がボランティア活動の原動力になります。ただし、交通費や材料費などの実費弁済については、無償の範囲内とする考え方があります。

創造性・先駆性

より豊かな社会を目指す創造性・先駆性が常に求められています。地域社会のさまざまなニーズに積極的に関わり、「今、必要なことは何か」を考える力と行動力が必要です。

社会性・連帯性

性別や年齢、職業、国籍を越え、人と人が豊かな関係を築いていく。そして生命の尊さを考え、守り、育て合う活動です。お互いを尊重し、対等な関係のもとで活動することが重要となります。

ボランティア活動のマナー・心がけ

ボランティア活動は「誰にでも、いつでも、どこでも」参加できますが、社会的な活動ですので、一定のルールもあります。実践活動等をとおして次第に身についていきますが、次の事については事前に知っておきましょう。

1.相手の気持ちになって

ボランティア活動は自分勝手であったり、押しつけであってはいけません。相手の考えを尊重しつつ、お互いを認め合うことが必要です。

2.秘密や約束を守りましょう

活動上、知り得た個人情報やプライバシーは他人に漏らしてはいけません。どんな小さな事でも相手との約束は守りましょう。約束が果たせないときは事前に事情を伝えておきましょう。

3.無理なく継続

無理をすると長続きしません。自分の生活リズムを考え、計画をたてましょう。無理なときは断る勇気も大切です。

4.学ぶ姿勢で自分も成長

自身が持つ知識や技能を社会に役立てるためには、研修会や講習会などに参加し、自分自身を成長させるようにしましょう。

5.自己評価をしよう

活動記録を取るなどして自らの活動を振り返って評価をし、次の活動へつなげましょう。

6.周囲の理解を得る

自分一人でボランティア活動を長く続けることはできません。家族や職場など周囲の理解を得ておきましょう。

7.安全に気をつける

自分はもちろんのこと、相手を傷つけたり物を壊したりすることがないよう安全には充分注意しましょう。万が一に備え、ボランティア活動保険に加入しましょう。