ホーム > 福祉サービスを利用される方への支援 > 日常生活自立支援事業 > 業務の内容

業務の内容

日常生活自立支援事業とは、認知症高齢者や知的障害者、精神障害者などで、判断能力が十分でない方が、地域で安心して日常生活が過ごせるように、福祉サービスの利用手続きの援助や代行、各種支払いなどを行うことによって生活を支援します。

サービス内容について

次の3つのサービスを行います。

1.「福祉サービスの利用等に関する援助を行うサービス」

福祉サービスについての情報提供や相談と助言、サービスを利用し、または利用をやめるためのお手伝い、サービスについての苦情解決制度の利用援助など、利用者の方が安心して福祉サービスを利用できるようお手伝いします。また、定期的な見守りについても本サービスに含まれます。

2.「日常的金銭管理サービス」

日常生活費のお金の出し入れ、福祉サービスの利用料、医療費や税金、保険料、公共料金などの支払いを行います。

3.「書類等の預かりサービス」

大切な印鑑や通帳、権利証書などを預かります。
※なお、金融機関の貸金庫で預かる場合には、別途利用料がかかります。

利用対象者

認知症高齢者や知的障害、精神障害のある方で、判断能力が十分でない方です。なお、各種障害者手帳や介護保険の認定の有無は問いません。

サービス利用までの手順

利用者ご本人との契約が必要になります。具体的には、県内の基幹社会福祉協議会の担当の職員(専門員)が、利用希望者のご自宅を訪問します。悩み事や相談を受けながら、ご本人の意向をお聞きし、適切な支援計画を作成し、契約までのお手伝いをさせていただきます。契約後は、生活支援員が契約内容に基づいて支援をいたします。

利用料金について

このサービスを利用するには利用料金が必要になります。基本的には援助1時間につき1,000円をいただきます。なお、生活保護を受給されている方は、免除となります。また、居住市町村によっては「住民税非課税世帯」の方に、利用料金の一部を助成する制度があります。その場合には、援助1時間につき500円となります。

各種相談

おもに高齢者や障害者などの権利侵害について、弁護士による無料の法律相談を実施しています。事前に予約をしていただき、来所して相談していただきます。
例えば、金銭トラブルや相続問題、債務問題などでお悩みの方は、ぜひご利用ください。

障害者110番事業

問い合わせ先

群馬県社会福祉協議会 生活支援課
ぐんま地域福祉権利擁護センター
電話:027-255-6032 FAX:027-255-6444
所在地:群馬県前橋市新前橋町13-12 県社会福祉総合センター4階