ホーム > 福祉サービスを利用される方への支援 > 日常生活自立支援事業 > 援助事例

援助事例

No. 障害別分類 利用者の状況 事例No.
認知症高齢者 病気の後遺症により外出が困難。グループホームに入所している。 事例No7
認知症高齢者 夫は死去。家賃などの支払いは自ら行うが、残金の確認ができない。 事例No9
認知症高齢者 多額の預金を有しているが、本人の知らない間に払戻がされていることがある。 事例No10
認知症高齢者 息子に年金の搾取などを受けており、介護が必要だが利用ができない状態。 事例No12
認知症高齢者 病気で入院しており、遺族年金などの手続きが行えない。 事例No13
認知症高齢者 通帳や印鑑を紛失してしまうことがあり、大切な書類の管理ができない。 事例No14
知的障害者 地域ホームで1人暮らし。両親とも死別し、身内からの援助が得られない。 事例No1
知的障害者 1人暮らしをしているが、妻は入院中で日常的な金銭管理が行えない。 事例No3
知的障害者 2人の子どもと生活。生活保護を受給しているが浪費の傾向がある。 事例No8
10 知的障害者 年金を全て使い切ってしまい、税金や公共料金の滞納がある。 事例No11
11 精神障害者 病院に入院中。妻とは離婚し、息子とも疎遠の状態。 事例No2
12 精神障害者 アルコール依存症で入院中。妻とは離婚している。 事例No4
13 精神障害者 一軒家に数人で共同生活をしている。母は入院中で兄弟とは疎遠。 事例No5
14 精神障害者 アパートで1人暮らしをしているが、浪費の傾向が見られる。 事例No6