ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価結果の見方について

評価結果の見方について

1.判断基準について

 a)・b)・c)判断について
  •  「出来ている」、「出来ていない」を判断するものではありません。
  • あくまでも各項目において、事業者の現状:c)・b)と今後のあるべき姿:a)を明示し、事業者の目標としての評価基準の構成になっています。
ランク付けの評価ではない。
  • a)b)c)はランクを付けるものでもありません。
  • 判断の目安としてのa)b)c)となっています。
欠点や告発型の評価ではない。
  • a)b)c)で欠点を明確化するのではなく、あくまでも事業者の自己努力を促し、より高いレベルを示す指標となっています。
留意点

各事業所毎の評価結果の各細目毎のa)b)c)にはそれぞれの判断基準が明文化されており、その明確化された判断基準により評価が行われているので、評価結果をご覧になる場合には必ず、各細目毎の判断基準を参考にしてください。

2.特記事項について

基本的には、各中項目毎の工夫や特徴的な取り組み状況について、記述しています。

  ・取り組み状況の問題点や課題点を記述するものではありません。

その他

  ・どうしてもa)b)c)の判断基準だけでは判断が不可能な場合には、その内容について記述します。