ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > ねむの木保育園

ねむの木保育園

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成21年3月11日~12日

3.事業者(受審施設)情報

種別 保育所
名称 ねむの木保育園
代表者 施設長 森平文男
定員 120名
所在地 群馬県多野郡吉井町池1151-1  TEL027-387-7274
HP http://www5.plala.or.jp/nemunokiho

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 中期事業計画の策定について
    平成20年度から平成22年度までの中期事業計画が策定されている。また、年度毎に職員から年2回「上半期・下半期」業務管理シートを用いたアンケート調査が行われ施設運営に反映されている。
  • 人事考課について
    保育人事考課制度を実施している。職員に対しては評価内容を公表し、人材の能力開発及び育成に努めている。
  • 指導計画の助言のあり方について
    指導計画書に関しては、こと細やかにコメントが赤ペンで記入され、良いところはほめるなどの取り組みが行われている。
  • マニュアルの策定について
    各種マニュアルが殆ど整備されている。施設運営の管理部門マニュアルは「職員への周知」「保護者への周知」に向けて作成されている。また、保育援助の処遇部門マニュアルは、保育士が保育の気付きから作成されている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • 虐待防止に向けた保護者への取り組みについて
    保護者による虐待を発見した場合は、その当事者に対するフォローについて勉強を行っている。

5.事業者(受審施設)のコメント

マニュアルの作成や書類の整備にあたり、本当に保育を円滑に進めるうえで必要なものであり、かつ業務に過重な負担となってしまわないようにするにはどうしたらよいかを職員間で話し合い、園にとって大切なものを厳選したり、形式を効率的で効果的な書き方を探るなどして、園独自の方法を模索してまいりました。このような話し合いやマニュアルを作成することを通して、全職員が同じ気持ちで子どもに向き合い、尊重し保育するという意識を新たに持つ良い機会となりました。
また、園で日々当たり前のように営んでいることを、自己評価し評価項目に該当させる作業をする中で、「果たして評価に値するのか」と不安に思う部分もありましたが、思いがけずユニークな取り組みとして受け入れていただきました。特に、保育内容に関して評価をいただいたことは大変嬉しく思います。最後に、評価機構の方々、評価委員の皆様にご尽力いただきましたことを感謝申し上げます。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(103KB)