ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > めぐみの里

めぐみの里

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成18年12月13日~14日

3.事業者(受審施設)情報

種別 知的障害者更生施設
名称 めぐみの里
代表者 施設長 財津進介
定員 80名
所在地 群馬県渋川市渋川3644-1   ℡0279-23-6601
HP http://www.normanet.ne.jp/~megumi/

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 家族連絡会との緊密な連携体制
    会員の方々の毎週の施設内でのボランティア活動等、会員の方が多くの機会に施設をおとづれることにより、職員の行動・言動にも気づくことがあり、お互いの意見を交わすことが職員の資質向上、更にサ-ビスの向上につながっている。
  • 個別支援計画マニュアル
    個別支援計画の作成手順、利用者、家族の意向の捉え方、個別支援計画変更の手順を示すマニュアルが整備され、利用者、家族のニーズに沿った支援が実践されている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • 職員育成の新たな構築
    法人・施設における職員像及び研修体制のあり方を人材育成係を中心に、「人材育成体系」の新たな確立を目指している。
  • マニュアルの作成
    作成担当者が配置され、見直しの必要とされるマニュアルや新たなマニュアルが作成され、サービス機能の改善に取り組んでいる。

5.事業者(受審施設)のコメント

今回初めて第三者評価を受けました。事前の準備や作業過程で私たちは多くの議論をしました。そのプロセスにおいて私たちが持っていた固定的見方や方法を見直すきっかけとなりました。支援の在り方は多様ですが目指すものは利用者の人権と自己実現ということを再確認することができました。
これをきっかけに私たちも第三者の視点で考える姿勢を身につけ、よりよい支援と健全な経営のバランスを意識して取り組みたいと思います。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(101KB)