ホーム > 施設を運営する方・従事する方へ > 第三者評価 > 評価の結果 > 並木路荘

並木路荘

1.第三者評価機関名

群馬社会福祉評価機構

2.訪問調査実施日

平成18年12月19日~20日

3.事業者(受審施設)情報

種別 知的障害者更生施設
名称 並木路荘
代表者 施設長 内海則子
定員 30名
所在地 群馬県渋川市中郷2684-615   ℡0279-53-2301
HP

4.評価の総評

◎評価の高い点

  • 個別支援計画の作成
    個別支援計画策定にあたり、、利用者、家族の意向を大切に考え、家族の意向を聞く機会を特別に設定し、利用者、家族の立場に立った個別支援計画を作成している。
  • 体制及び責任
    施設長、各部署責任者は、施設サービス状況を日常的に把握しており、小規模施設(入居者30名・職員17名)の利点を活かし、毎月第三木曜日に全職員が出席する職員会議を全体会議、各保健給食会議、支援会議、ケース会議の順に開催し共通認識を図っている。

◇改善に向けて取り組んでいる点

  • マニュアルの作成
    マニュアル全般にわたり、見直し作業が行われており、新たなマニュアルが作成された項目については、サービス機能の改善が図られている。
  • 環境の整備
    施設臭を解消するため、一日3回(朝、昼、夕)トイレ点検帳によりチェックを行う他、随時、見回りを行っている。

5.事業者(受審施設)のコメント

第三者評価の受審は、「利用者の自己実現」に向けて支援者としてどうあるべきかを改めて考える良い機会となりました。自己評価という慣れない作業を進めていく中で、個々の職員が「福祉サービスのあり方」について見つめ直し、改善に向けて努力すべき課題があることを認識できたことは大きな成果だと考えます。特に、多くの議論を重ねながらマニュアルの見直しを実施できたことはとても意義深いものでした。

6.評価結果

※評価基準の項目毎の評価結果が見ることができます。

各項目毎の評価結果(100KB)